comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hide-returned-zero

数式の計算結果で0を表示しない方法

VLOOKUP関数やINDEX関数、あるいは「=A1」などセルを参照する数式で、その計算結果が空白セルを参照する場合、Excel は空白(“”)ではなく0(ゼロ)を返します。今 …

berry

不定の引数を定義するParamArrayキーワード

Excel ワークシート関数のSUM関数やMAX関数は可変の引数を渡すことができます。 VBA のプロシージャでも同じように不定の引数を扱う場合は ParamArrayキーワード を使用します。 今回 …

【Excel】SUMPRODUCT関数を使用して曜日別に集計する方法

先日『日付と売上の表から曜日別に集計』ってのが会話の流れでありました。集計対象の表に「曜日」の列があればSUMIF関数だけで事足りる簡単な事ですが、「曜日」を持っていない表から曜日別に集計するにはちょ …

H&Y

はじめまして。

はじめまして、こんにちは。 HAYs と申します。 これからこちらで Excel VBA を中心とした開発ブログを書き綴っていきます。 よろしくお願い致します。

Excel VBA 高速化アプローチ【プロパティ編】

Excel VBA を高速化する方法をまとめてみました。今回は「プロパティ編」です。 このエントリーで記載しているサンプルコードは説明のためにあえて冗長にしてる部分もあります。ご自分のマクロに適した形 …