小ネタ・便利技

【Excel】ユーザー設定リストを活用してオートフィルと並べ替えをカスタマイズ

投稿日:2016.08.31 更新日:

Excel には「ユーザー設定リスト」という順序に関する情報を保存している機能があります。順序に関する情報なので、使いこなせばオートフィルや並べ替えの機能をより使いやすくすることも可能です。今回はこの「ユーザー設定リスト」についてご紹介します:)

オートフィルの不思議

Excelにはいろいろ便利な機能がありますが、その一つが「オートフィル」がです。
オートフィルとは選択セル枠の右下に表示される「■」(フィルハンドルっていいます)をマウスでドラッグして連続データを入力する機能です。
この時マウスポインタが「+」になります、↓こんな感じに。

excel-userlist_01

でもでも、↑みたいに数字のフィルは連続データとして入力できるのはわかるんだけど、「月火水木金土日」みたいに文字の連続はなんでできるのか不思議じゃないですか?
数字にしても「1月2月~」ってフィルをしていって「12月」の次が「13月」にならないでちゃんと「1月」になるのって不思議じゃないですか?
そのくせ「①②~」とか「ⅠⅡ~」とかはフィルできないのはなんでですか不思議じゃないですかそうでしょう?

あ、別に不思議じゃないですかそうですか。

まぁぼくのようになんでだろって思う変態も中にはいるかと思うのでその理由をご説明しますね。

オートフィルの情報元はユーザー設定リストにあり

不思議だ不思議だと騒ぎ立てましたが、勘の良い方は

『そんなのExcelがどっかに情報を保存してるからに決まってるじゃん』

とお思いになるかと。そしてその勘は正しく、Excelがオートフィルの情報を保存してるんです、あたりまえですが。で、どこにフィルの情報が保存されているかというと…ここでようやくユーザー設定リストの登場です。
実は曜日の「月~日」とか「1月~12月」とかはこのユーザー設定リストってのに情報が保存されています。

でもいったいユーザー設定リストってなんなのでしょうか、実際にユーザー設定リストの中身を見てみましょう。

ユーザー設定リストの表示方法

ユーザー設定リストは以下の手順で表示できます。

①[ファイル]タブ ⇒ [オプション]

excel-userlist_02

②[詳細設定] ⇒ 一番下までスクロールして[ユーザー設定リストの編集]ボタン

excel-userlist_03

すると以下のようなフォームが表示されます。

excel-userlist_04

見てのとおりここにいろいろな順序に関する情報が保存されています。

ユーザー設定リストに新しいリストを追加してみよう

ユーザー設定リストには独自の新しいリストを追加することができます。
実際に新しいリストを追加してみましょう。
追加方法は2通りあるのですが、いずれの場合もユーザー設定リストフォームから追加するので先に紹介した方法でユーザー設定リストフォームを表示してください。

追加方法1:リストの項目に直接入力

①左側の[ユーザー設定リスト]の一番上にある「新しいリスト」を選択します。

excel-userlist_05

②[リストの項目]に追加したい値を直接入力していきます。2個目以降の値はEnterキーで改行して追加していきます。

excel-userlist_06

③すべての値を入力し終えたら、右側の[追加]ボタンを押下します。すると左側の[ユーザー設定リスト]に入力したリストが追加されます。

excel-userlist_07

追加方法2:セル範囲をインポート

①あらかじめ追加したいデータをセルに入力しておきます。ここでは囲み数字の「①~⑳」を追加します。

excel-userlist_08

②[ユーザー設定リスト]の一番上にある「新しいリスト」を選択し、右下のテキストボックスを選択します。

excel-userlist_09

※テキストボックス右側のアイコンをクリックしてもOKです。その場合フォームが一時的に以下のようになります。

excel-userlist_11

③上記①で入力したセル範囲を選択します。

④右下の[インポート]ボタンを押下します。すると左側の[ユーザー設定リスト]に入力したリストが追加されます。

excel-userlist_12

追加したユーザー設定リストの修正と削除方法

リストの修正

①修正したいユーザー設定リストを選択します。

excel-userlist_13

②[リストの項目]に値が表示されるので、値を直接修正し[追加]ボタンを押下します。

excel-userlist_14

リストの削除

①削除したいユーザー設定リストを選択し、右側の[削除]ボタンを押下して削除します。削除したリストは元に戻せません。

excel-userlist_15

ユーザー設定リストの活用方法

ユーザー設定リストは先述のとおり順序に関する情報が保存されています。
順序に関する情報なので、オートフィルの連続データ、及び並び替えに活用できます。
いろいろなケースで使えますが、いくつか活用例をご紹介します。

オートフィルへの活用

追加の説明で使用した囲み数字「①~⑳」やローマ数字「Ⅰ~Ⅹ」など、通常では連続データを作成できない文字列でもオートフィルができるようになります。

excel-userlist_16

並べ替えへの活用

ユーザー設定リストはオートフィルだけでなく並べ替えにも適用できます。
例えば以下のような選手一覧があったとします。2016年リオオリンピックで活躍してくれた女子バスケのメンバーです:)

excel-userlist_17

さて、この選手一覧をポジション順に並べ替えたい場合はどうすればいいでしょうか。普通に[ポジション]をキーに昇順並べ替えると↓のようになってしまいます。

excel-userlist_18

ポジション順に並んでるのでこれでもいいんですが、バスケのポジションはガード、フォワード、センターの順に表記される慣例があるのでこれだと違和感あるんですよね、バスケ経験者としては。

そういった場合、ユーザー設定リストに「PG(ポイントガード),SG(シューティングガード),SF(スモールフォワード),PF(パワーフォワード),C(センター)」を登録しておけばポジションごとの並び替えが可能になります。
ユーザー設定リストを使用した並べ替えの手順は以下のとおりです。

①先ほど説明した方法でユーザー設定リストに「PG,SG,SF,PF,C」を予め登録しておきます。

excel-userlist_19

②[列](最優先されるキー)でキーとなる[ポジション]列を選択して[順序]のリストから「ユーザー設定リスト」を選択

excel-userlist_20

③ユーザー設定リストフォームが表示されるので、並べ替えに適用したいリスト(①で作成したリスト)を選択

excel-userlist_21

④[順序]に選択したリストの内容が表示されるので[OK]ボタンを押下。

excel-userlist_22

⑤PG>SG>SF>PF>Cの順に並べ替えられました。

excel-userlist_23

まとめ。

ユーザー設定リストは良く使うオートフィルや並べ替えに適用されるので是非マスターしたい機能です。
といっても、そんなに難しくないので手順どおりにやって頂ければ何の問題もありません。
特にオートフィルはアイデア次第で業務効率が格段にアップするのでご自分の使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

ご不明点などありましたらお気軽にお問い合わせくださいまし:)

HAYs

-小ネタ・便利技
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VBAで一番省略されているキーワード

VBA にはプロパティやステートメントなど様々なキーワードがあります。そして中には記述を省略できるものも少なくありません。 では一番省略されているキーワードっていったいなんなのでしょうか?

caluculation_process

Excelで数式の計算過程を表示する方法

Excelで作業しているとやたら長ったらしい数式ってたまにありますよね。 『この数式は関数がいっぱい書いてあるけど何でこの値を返すんだろう?』 とか 『あれ?数式がエラーになっちゃったけど原因はどこだ …

alphabet

文字列Aに含まれる文字列Bの数をカウントする方法

以前(というかかなり昔)、とある方から 『例えば「ABCABCBC」っていう文字列に「A」がいくつあるか数えるエクセルの関数ってある?』 って問い合わせがあったんですが、皆様にもその方法を連携しますね …

book

大量シートの中から目的のシートを簡単に選択する方法

ブック内にシートがたくさんある時って、目的のシートを探して選択するのって面倒じゃないですか?面倒ですよね?面倒なんですか?そうですか。そんなあなたに目的のシートを簡単に選択する方法をご紹介します。  

number

文字列として保存された”数字”を計算などで使用できる”数値”に一括で変換する方法

文字列として保存された”数字”は計算などには使用出来ません。そういった”数字”は”数値”に変換してあげなければならないんですが、 …